FIRST STEP にお越しいただきありがとうございます。

加藤クミ子

こんなお悩みありませんか?

どうしてこんなに生きづらいの?

根拠のない違和感が止まらない

子どもと突然引き離されて・・・なぜ?

真っ暗で光さえも見えない

子どもの育て方、私は間違えたの?

加藤クミ子

FIRST STEP が目標とするところは・・・

生きづらさ

誰でも抱えます

それは
私たちの奥底に眠っている本当の心が
「違う そうじゃない」
って叫んでるってこと

私たちの想いや世界観を真っ直ぐに表現できる
誰にも否定されない
誰にも非難されない
誰にも否定非難する権利などない
自分の想いや世界観が大事にできるから誰かのそれも大事にできる

そんな世の中にしていきませんか?


人の心を取り巻く世の中の現状を知り
私たちひとりひとりの目標を作り
それぞれがそれぞれのペースで
今ある生きづらさを大切にしながら
行動していくことで解毒していく

そして
誰もが生きやすい環境をみんなで創っていく

もちろん
ノーマライゼーション

それってどういうこと?
じゃあ私はたった今どうすればいいの?

一緒に考えていきましょうね
加藤クミ子

FIRST STEP は・・・

ゆめのたね放送局 東日本第1チャンネル 金曜昼12時~30分

お昼休みの貴重なお時間をいただいて
人間の真っ黒いところに敢えて突っ込んでいきます。

様々な人権問題に触れてきた経験と
保育士・心理カウンセラー・発達支援ファシリテーターとしての
学びと専門的知識を織り交ぜ
各業界の専門家にお越しいただきご意見をいただきながら
皆さまとともに「生きづらさ」に焦点を当てます。

特に子どもの頃の、アイデンティティ確立までの期間に
不適切な環境に置かれた時に生じる認知のゆがみが生きづらさとなり
それがやがて精神疾患となり、障害者にもなっていくことも
周囲には「問題行動・犯罪」とも言える行動に出てしまうことも
あります。

それは人としての自然な心理の流れです。
精神疾患があるからあの人はおかしい
発達障害があると「この子は犯罪者になる」決めつけ
犯罪者になったら「こんな奴が居たら迷惑だ!排除だ!死刑だ!」
そして死刑囚になったら、誰もサポートももうできない。

国が出している数字で
年間の自殺者数が2万人~3万人
現在のひきこもり人口は約65万人
と言われています。
でも実際には、当事者を取り巻く様々な人を入れたら
この問題で苦しんでいる人は、この何倍にもなっていることは
容易に想像できます。

私はなんとしてもこの数字を食い止めたい
生きづらさの中苦しむその想いがわかるから
私たったひとりでも
例え小さな声でも
上げていきたい。

加藤クミ子

心の健康寿命ってご存知ですか?

私は虐待されたことが原因で、昨年の初夏までうつ病でした。
現在56歳です。

元夫から受けたDV・子の連れ去り・ストーカー行為等が
私の中で強い恐怖心となり
娘に対する強い喪失感で
乖離状態が続きました。

17年間、飲みたくもない服薬を続け
それでも眠れない毎日の中
3年間寝たきりになった時も

しあわせって何?
生きるって何?

そんなことをずっと考えてきました。

発達障害の子とふたり暮らしで

正しい子育てって何?

って考えながら、49歳で心理カウンセラーと保育士の資格を取り
保育園保育士としても『発達が気になる』お子さまの担当をし
長年に渡る発達障害についての学びと研究と実践を重ねつつ資格を取り

私が受けてきた根拠のない違和感は、人権問題と気付いた時
すべてが繋がりました。

人の中に生まれやすい「上下関係の意識」の中に
大きなリスクが潜んでいることを知ったのです。

人が病気やけがで寝たきりになる期間を除いた期間を健康寿命といいます。

つらい気持ちや落ち込んだ気持ちが、通常であれば時間が解決してくれたり、カラオケでもすれば回復される方もいます。

でも、ぐるぐるとした思考を呼び、それが一定期間以上続いた時に、例えばうつ病になることもありますね。
その場合一般的には、回復までには苦しんだ期間の3倍かかると言われています。

それ以外の健康に過ごせる時期を心の健康寿命としています。

私は昨年の55歳でうつ病を抜けましたので、今後の寿命が私の心の健康寿命となりますね。

女性の平均寿命は88歳ですから、33年。
私の想いや世界観を大切にしながら
そして
誰かの想いや世界観を大切に大切にして
一緒に心の健康寿命を延ばして
誰かの笑顔を見ることを目標に
生きていきたいと思っています。

加藤クミ子

申し遅れました。加藤クミ子と申します。

東京多摩市在住、未来コーディネーター 加藤クミ子と申します。

親子関係再構築の専門家として活動させていただいております。

主に不登校・ひきこもり・発達障害を持つお子さまを持つパパママさんに、ひきこもり親子の経験から、コーチングを利用したカウンセリングで、今後の対応に関するご提案とサポートをしています。

2021年4月に、ラジオパーソナリティとしてデビューしました。どうぞよろしくお願いします。

ご縁・応援・貢献のゆめのたね放送局 東京スタジオより愛を込めて♡

ホームページ
https://katokumiko.com

Facebook
https://www.facebook.com/kumiko.katoh.56/

MENU